10月25日(金)京都HAPS/福祉とアートの噛み合ないトークシリーズ 施設見学ツアー&合宿 予告編「福祉施設で働きたい!?」

10月25日(金)京都HAPS/福祉とアートの噛み合ないトークシリーズ 施設見学ツアー&合宿 予告編「福祉施設で働きたい!?」

◆日時:10月25日 19:00-20:30
◆場所:HAPS(京都市東山区大和大路通五条上る山崎町339)
◆登壇者:奥山理子(みずのき美術館キュレーター)xイシワタマリ(山山アートセンター代表/Ma・ RooTs広報兼アートコーディネーター)
◆参加費無料・予約不要
◆主催:山山アートセンター、一般社団法人HAPS

あなたは、福祉施設で“働いてみたい”と思いますか?

福祉施設利用者による作品をみる機会も増えてきた今日この頃。とはいえ、その現場で“働く”というイメージを持てる人は、まだ少ないのかもしれません。
そもそもあなたは、“働く”とか“常識”というもの自体に違和感を感じるからこそ、「アート」の現場にいるのかもしれません。
ところが実は、福祉施設ってその“常識”を覆すような、とんでもなくクリエイティブな瞬間に溢れているのです。そして、存在や尊厳といった人間の根源的な問いと向き合いつづける場所でもあります。にも関わらず、現場はいつも働き手不足。そのため、こうした魅力的な瞬間さえも既存の“常識”に当てはめ、流してしまうようなこともしばしば。

近くて遠い国「福祉」。
今、この人間味と創造性に溢れた場所で力を発揮できるものこそ、あなたが培ってきた「アート」の視点とアクションなのではないでしょうか?

「みずのき美術館」の母体として長年創作活動を続けてきた障害者支援施設「みずのき」(亀岡市)、〝ごちゃまぜの福祉〟というコンセプトの実現にアートの視点を取り入れるべく試行錯誤する複合福祉施設「マ・ルート」(宮津市)の2つの事例を取り上げながら、〝福祉〟とは?〝アート〟とは?そして〝働く〟とは?〝生きる〟とは?を問う90分。ぜひご参加ください。

※2020年3月、みずのき美術館・障害者支援施設「みずのき」(松花苑/亀岡市)、複合福祉施設「マ・ルート」(みねやま福祉会/宮津市)、「山山アートセンター」(福知山市)の3拠点を巡る「福祉とアートの噛み合わない合宿ツアー」を計画しています。詳細情報は予告トーク第二弾12/14(土)14:00-@みずのき美術館およびhttp://yamayama-art.comにて発表予定です。

奥山理子 RIKO OKUYAMA
みずのき美術館キュレーター
1986年生まれ、京都府出身。母の障害者支援施設みずのき施設長就任に伴い、12歳より休日をみずのきで過ごす。施設でのボランティア活動を経て、2012年みずのき美術館の立ち上げに携わり、以降企画運営を担う。アーツカウンシル東京「TURN」コーディネーター(2015-2018)、東京藝術大学特任研究員(2018)を経て、2019年より、HAPSの「文化芸術による共生社会実現に向けた基盤づくり事業」に参画。

イシワタマリ MARI ISHIWATA
山山アートセンター代表/美術家
1983年横浜市生まれ、福知山市在住。慶應義塾大学で「スピリチュアリティにまつわる社会学」を学んだのち、2007年から2009年にかけて、スペイン北部バスクやベルリンで絵画やパフォーマンスなどの創作活動を行う。2015年以降、京都府北部~広く山陰地域=「このあたり」を舞台に、さまざまな人が力を持ち寄ってとにかく生きようとするプロジェクト「山山アートセンター」構想を展開。2018年より高齢・障害・児童の複合福祉施設Ma・ RooTs(みねやま福祉会/宮津市)広報兼アートコーディネーター。


予告:
「福祉とアートの噛み合わない合宿ツアー」
アートx福祉xときどき畑。関西圏にいても意外と知らない京都府の南丹から北のほう(亀岡・福知山・宮津)を1泊2日で旅しながら、これからの働きかたや暮らしかたについて考えます。
◆時期:2020年3月(平日2日間予定)
◆案内役:イシワタマリ/奥山理子
◆ゲスト予定:笠間弥路(美術家)/公庄仁(コピーライター)/青木彬(インディペンデント・キュレーター)/タカハシ ‘タカカーン’ セイジ(『芸術と福祉』をレクリエーションから編み直す)
◆定員:10名程度
◆対象:学生または22歳以下、ほかどなたでも
◆主催:山山アートセンター/協力:社会福祉法人松花苑、社会福祉法人みねやま福祉会Ma・ RooTs(マ・ルート)
※学生と22歳以下を優遇する参加費設定を考えています。
※応募者多数の場合、参加希望動機によって選考させていただくことがあります。あしからずご了承ください。
※参加費・日程などの詳細情報は2019年末頃にhttp://yamayama-art.comにて公開予定です。
詳細情報の連絡をご希望の方はエントリー登録をお願いします(実際の応募の有無に関わらずご登録いただけます)。
→エントリー登録・・・タイトル:「噛み合わないツアー詳細情報希望」/本文:「氏名とご所属(もしあれば)」/宛先:yamayama.art*gmail.com(*→@)

  • E-mail
    ご予約・お問い合わせなどなどお気軽に。
  • Facebook
    イベント告知、詳細はこちら。
  • Instagram
    日々の活動報告。
  • note
    2019年2月19日〜3月31日/京都芸術センターでの展覧会『逡巡のための風景』に向けて、山山アートセンターのあれこれ覚え書きbyイシワタマリ。
  • ページトップ