晴れた空の下でなら会える 〜あきらめから始まる畑〜


3/21(土)のゲスト、ミヤサイ(百姓)の宮田さんご夫妻。


新型コロナウィルス騒動であらゆる集いがのきなみ中止となった2020年3月の日本。学校に行けなくなったひと、仕事がなくなってしまったひと・・・・それぞれの不安や困りごとの中で、それでも毎日が続きます。子どもも大人も、いろいろなことをあきらめる事態にもなったけれど、今までできなかったことを試すチャンスでもあるのかもしれない。
・・・少なくとも、晴れた空を仰ぐ自由は誰にも奪えないということ!
ずっとやりたくても忙しさにかまけてなんだか後回しにしていたことだけど、こんな今だから、こんな今こそ、畑を耕し始めます。

ーイシワタマリ(山山アートセンター/美術家)


◆期間:
3/14(土)〜22(日) 10:00-14:00
※雨の日は不在です。晴れても不在の場合があるので事前にお問い合わせください。

◆場所:
福知山市・三岳エリア内
・たぬきの愛妻家のおじいさんの畑
・天空の畑
※詳細はお問い合わせください。

◆対象:
体調のよい方なら、子どもから大人までどなたでも。
参加費は無料です。
畑作業ができるかどうかは問いませんがご一緒いただける方は是非。

◆ルール・持ちもの
・37.5度以上熱がある方、咳などの症状のある方は参加をご遠慮ください。
・必要な飲食物は各自持参してください。【※3/21(土)のみミヤサイお弁当box注文あり】
・汚れていい靴・服装でお越しください。
・怪我などの保障はしかねますので、各自でご配慮をお願いします。
・コロナウィルス騒動の進捗しだいで中止になる場合があります。

☆3/21(土) は福知山で活動するミヤサイさん(百姓)をゲストにお迎えします!
ミヤサイ特製・有機野菜のお弁当boxもご用意いただきます♪
【お味噌汁つき ¥700/限定10食につきお早めに要予約】

◆お弁当注文/参加希望/お問い合わせ/ご相談など・・・
080-3939-2846(山山アートセンター)
yamayama.art★gmail.com(★→@)

◆ミヤサイって?
2013年に神戸から福知山市中六人部(なかむとべ)に移住し、農薬や化学肥料を使用しない野菜づくりと加工品販売を行う宮田毅・裕美の夫婦ユニット。百の仕事が熟せる百姓を目指し、自然と共に生きる暮らしを提案する。毎週月曜7:00-10:00に新町商店街「アーキテンポ」を拠点に開催している「ミヤサイ食堂」では、新鮮な野菜・ハーブ・お米から味噌まですべて自家製の素材を使った朝ごはんが地元の老若男女に人気。

◆主催:山山アートセンター/京都府地域交響プロジェクト採択事業

※山山アートセンターが今月予定していた「福祉とアートの噛み合わない合宿ツアー」「京都府北部で〝注文をまちがえるリストランテ〟を始めるための交流会」「よりあいみたけサロン」はすべて次年度に延期となりました。会いたいのに会えない今だから、代替案として密室でなく野外で今を過ごすために企画しました。不安なことやご質問などがあればお気軽にお問い合わせください。

  • E-mail
    ご予約・お問い合わせなどなどお気軽に。
  • Facebook
    イベント告知、詳細はこちら。
  • Instagram
    日々の活動報告。
  • note
           
    展覧会『逡巡のための風景』(2019年/京都芸術センター)から始まった、イシワタマリの覚え書きあれこれ。
  • ページトップ