とにかく生きよう

おもな舞台は京都府北部〜広く山陰地域=「このあたり」。
それから世界中どこであれ、山のある場所。
さまざまな人が力を持ち寄って、とにかく生きようとするプロジェクトです。
「このあたりのしんぶん」発行、「いろいろやってみる部」運営、
こどもアート学校、よもやまトークシリーズ、高齢者サロン・・・などを手がけつつ、
野望は山奥にひょうたん畑つきアート福祉施設つくること(2018年現在)。

【情報更新中】1泊2日・福祉とアートの噛み合わない合宿ツアー

参加者募集中! アートx福祉xときどき畑。関西圏にいても意外と知らない京都府の南丹から北のほう(亀岡・福知山・…

【3月6日】注文をまちがえるリストランテを京都府北部で始めるための交流会

認知症になってもならなくても、まちがえてもまちがえなくても「まぁいいか」と笑ってすごせる場所をつくるには?次年…

アラフォー往復書簡 vol.10 あ、そうじゃなくて byイシワタマリ

こんばんは! 子どもたちの父親である夫は子どもたちからとても人気があり、それに引き換え私の人気がなさすぎて、今…

“健康”のむこうにあるもの/ わのくにのヨガ 松尾圭子

誰でも体も心も循環よく健康でいたい。痛みはつらい。だからこそ 健康という希望を突き抜けるような意識でいきていき…

【合宿ツアーによせて_青木彬版】言葉以上の現実に触れるツアーを

「福祉とアートの噛み合わない合宿ツアー」、参加者を募集しています。 内容の都合上、全行程通し参加には選考があり…

【合宿ツアーによせて_GJ版】福祉とアートの噛み合わない話

「福祉とアートの噛み合わない合宿ツアー」、参加者を募集しています。 内容の都合上、全行程通し参加には選考があり…

活動カレンダー

山山
よもやま
山の中
くにとくにとのさかいめ越えて
暮らしの中で旅をしよう

何の枠にもあてはまらず
何と呼ぶのも似合わなくて

でも
なじみやすく
あたらしく
なつかしく
よくわからず

ふしぎに
おもしろく
たのしい場所を
みんなで共につくりたい。

それぞれ自身のための場所は
それぞれ自身にしかつくれない。
何かふしぎなことがはじまります。

山山のうた
  • E-mail
    ご予約・お問い合わせなどなどお気軽に。
  • Facebook
    イベント告知、詳細はこちら。
  • Instagram
    日々の活動報告。
  • note
    2019年2月19日〜3月31日/京都芸術センターでの展覧会『逡巡のための風景』に向けて、山山アートセンターのあれこれ覚え書きbyイシワタマリ。
  • ページトップ