とにかく生きよう

おもな舞台は京都府北部〜広く山陰地域=「このあたり」。
それから世界中どこであれ、山のある場所。
さまざまな人が力を持ち寄って、とにかく生きようとするプロジェクトです。
「このあたりのしんぶん」発行、「いろいろやってみる部」運営、
こどもアート学校、よもやまトークシリーズ、高齢者サロン・・・などを手がけつつ、
野望は山奥にひょうたん畑つきアート福祉施設つくること(2018年現在)。

10月13日(日)特別企画!ねんどの山と遊ぼう【山山こどもアート学校・秋の特別編】

    山山こどもアート学校は、こどもたちが自分なりの歩き方を獲得していくことを願う学び場。先生はな […]

10月25日(金)京都HAPS/福祉とアートの噛み合ないトークシリーズ 施設見学ツアー&合宿 予告編「福祉施設で働きたい!?」

◆日時:10月25日 19:00-20:30 ◆場所:HAPS(京都市東山区大和大路通五条上る山崎町339) […]

アラフォー往復書簡 vol.04 誰がために布をまとう by水田ウタコ

(※編集者注:諸事情というかイシワタの〆切逃しにより、ウタコ回が2回続きますことをご了承ください。)  とある […]

ふぅ・・・。無理しないヨガのススメ。【松尾圭子さん(わのくにのヨガ主宰)インタビュー】

ふぅ・・・。無理しないヨガのススメ。 (2019年5月8日収録、福知山FM丹波ラジオ「七色バラエティワイドこの […]

アラフォー往復書簡 vol.03 いろんな言語を渡り歩いて by水田ウタコ

シーブルーの髪の毛にメタモルフォーゼしたらしきマリ嬢へ。熱い熱風吹きすさぶ暑い夏、いかがお過ごしですか。例年、 […]

活動カレンダー

山山
よもやま
山の中
くにとくにとのさかいめ越えて
暮らしの中で旅をしよう

何の枠にもあてはまらず
何と呼ぶのも似合わなくて

でも
なじみやすく
あたらしく
なつかしく
よくわからず

ふしぎに
おもしろく
たのしい場所を
みんなで共につくりたい。

それぞれ自身のための場所は
それぞれ自身にしかつくれない。
何かふしぎなことがはじまります。

山山のうた
  • E-mail
    ご予約・お問い合わせなどなどお気軽に。
  • Facebook
    イベント告知、詳細はこちら。
  • Instagram
    日々の活動報告。
  • note
    2019年2月19日〜3月31日/京都芸術センターでの展覧会『逡巡のための風景』に向けて、山山アートセンターのあれこれ覚え書きbyイシワタマリ。
  • ページトップ